So-net無料ブログ作成
検索選択

シンガポール戦/ロシアW杯アジア2次予選 [W杯予選]

6月16日に埼玉スタジアム2002で行われたW杯ロシア大会アジア2次予選のサッカー日本代表対シンガポール代表戦は、0-0で引き分けました。


日本代表(FIFAランキング52位)

GK
1 川島永嗣 (スタンダール・リエージュ/ベルギー 32歳)

DF
19 酒井宏樹 (ハノーファー96/ドイツ 25歳)
22 吉田麻也 (サウサンプトン/イングランド 26歳)
20 槙野智章 (浦和レッズ 28歳)
3 太田宏介 (FC東京 27歳)

MF
17 長谷部誠 (アイントラハト・フランクフルト/ドイツ 31歳)(C)
7 柴崎岳 (鹿島アントラーズ 23歳)
10 香川真司 (ボルシア・ドルトムント/ドイツ 26歳)

FW
4 本田圭佑 (ACミラン/イタリア 29歳)
11 宇佐美貴史 (ガンバ大阪 23歳)
9 岡崎慎司 (1.FSVマインツ05/ドイツ 29歳)

交代(3人まで交代可)
後半16分 10 香川真司 → 18 大迫勇也 (1.FCケルン/ドイツ 25歳)
後半26分 7 柴崎岳 → 8 原口元気 (ヘルタ・ベルリン/ドイツ 24歳)
後半33分 11 宇佐美貴史 → 14 武藤嘉紀 (FC東京 22歳)

フォーメーションは登録上は4-3-3だが実際は4-2-3-1。香川交代後からは4-4-2。岡崎と大迫の2トップ。原口は柴崎とほぼ同じポジション。武藤は宇佐美と同じポジション。キャプテンマークは長谷部が巻いていた。

スターティングメンバー11人の平均年齢は27.2歳で、交代メンバーを含めた14人の平均年齢は26.4歳。

ベンチメンバー:
12 西川周作 (浦和レッズ 28歳)
23 東口順昭 (ガンバ大阪 29歳)
21 酒井高徳 (VfBシュツットガルト/ドイツ 24歳)
5 長友佑都 (インテル・ミラノ/イタリア 28歳)
15 丹羽大輝 (ガンバ大阪 29歳)
6 森重真人 (FC東京 28歳)
16 山口蛍 (セレッソ大阪 24歳)
2 谷口彰悟 (川崎フロンターレ 23歳)
13 永井謙佑 (名古屋グランパス 26歳)

監督: ヴァイッド・ハリルホジッチ(フランス/ボスニア・ヘルツェゴビナ 63歳)
通訳: 樋渡群(37歳)
コーチ: ジャッキー・ボヌベー(フランス 54歳)
コーチ: 手倉森誠(47歳 U-22代表監督兼任)
GKコーチ: リカルド・ロペス(スペイン 43歳)
GKコーチ: 浜野征哉(42歳 U-18代表兼任)
フィジカルコーチ: シリル・モワンヌ(フランス 43歳)
コンディショニングコーチ: 早川直樹(52歳 U-22代表兼任)

得点: なし

ボール支配率: 日本代表65.7%、シンガポール代表34.3%
シュート数: 日本代表23本、シンガポール代表3本

警告: なし
退場: なし

審判: モハナド・サライ主審、ナジャー・アルハマイダー副審、ムアヤド・アリ副審、アリ・アルカイシ第4審判(4人全員イラク)

天候: 曇り、気温25℃、湿度64%
場所: 埼玉スタジアム2002(埼玉)
試合開始: 2015年6月16日(火)の19時30分キックオフ(実際は19時34分頃)
キックオフチーム: 日本代表

放送: テレビ朝日系列で19時から生中継
解説は松木安太郎さん、中山雅史さん、実況は進藤潤耶アナ、ナビゲーターは川平慈英さん、スタジオ進行は竹内由恵アナ、ピッチリポートは加藤泰平アナ

視聴率: 22.0%(関東)


シンガポール代表(FIFAランキング154位)

GK
1 イズワン・マフブド

DF
11 ナズルル・ナザリ
6 マドゥ・モハナ
5 バイハッキ・ハイザン
3 シャイフル・エサー

MF
23 ズルファミ・アリフィン
10 ファズルル・ナワズ
14 ハリッス・ハルン(C)
15 イッズディン・シャフィク
8 ハフィズ・スジャド

FW
19 ハイルル・アムリ

交代(3人まで交代可)
後半35分 5 バイハッキ・ハイザン → 16 フィルダウス・カスマン
後半40分 19 ハイルル・アムリ → 20 ハイルル・ニザム
後半45+2分 10 ファズルル・ナワズ → 2 ヤシル・ハナピ

フォーメーションは4-1-4-1。

監督: ベルント・シュタンゲ(ドイツ 67歳)

得点: なし

警告: なし
退場: なし


シンガポール戦の招集メンバーはこちら


W杯アジア2次予選、勝点1で現在3位。

ハリルジャパン4戦3勝1分0敗。



共通テーマ:スポーツ

清武と川又が怪我で途中離脱 [負傷者情報]

6月16日に行われるW杯ロシア大会アジア2次予選初戦のシンガポール代表戦に臨むサッカー日本代表から清武弘嗣選手(25歳)と川又堅選手(25歳)が怪我のため途中離脱することになりました。

追加招集の予定はありません。


清武選手は右足第5中足骨に亀裂が入っていることが判明し、12日夜に都内の病院で補強手術を受けることになりました。復帰までは数週間かかる見込みのようです。

川又選手は代表合宿前のJ1リーグ第15節のアルビレックス新潟戦で右太腿を負傷していました。


こちらの記事も修正しておきました。



共通テーマ:スポーツ

イラク戦/キリンチャレンジカップ2015 [親善試合]

6月11日に日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2015のサッカー日本代表対イラク代表戦は、本田圭佑選手、槙野智章選手、岡崎慎司選手、原口元気選手の得点で4-0(前半3-0)で日本代表が勝利しました。原口選手が代表初ゴールを決めています。


日本代表(FIFAランキング52位)

GK
1 川島永嗣 (スタンダール・リエージュ/ベルギー 32歳)

DF
19 酒井宏樹 (ハノーファー96/ドイツ 25歳)
22 吉田麻也 (サウサンプトン/イングランド 26歳)
20 槙野智章 (浦和レッズ 28歳)
5 長友佑都 (インテル・ミラノ/イタリア 28歳)

MF
17 長谷部誠 (アイントラハト・フランクフルト/ドイツ 31歳)(C)
7 柴崎岳 (鹿島アントラーズ 23歳)
10 香川真司 (ボルシア・ドルトムント/ドイツ 26歳)

FW
4 本田圭佑 (ACミラン/イタリア 28歳)
11 宇佐美貴史 (ガンバ大阪 23歳)
9 岡崎慎司 (1.FSVマインツ05/ドイツ 29歳)

交代(6人まで交代可)
後半21分 11 宇佐美貴史 → 14 武藤嘉紀 (FC東京 22歳)
後半21分 10 香川真司 → 8 原口元気 (ヘルタ・ベルリン/ドイツ 24歳)
後半21分 4 本田圭佑 → 26 永井謙佑 (名古屋グランパス 26歳)
後半28分 9 岡崎慎司 → 18 大迫勇也 (1.FCケルン/ドイツ 25歳)
後半31分 17 長谷部誠 → 2 谷口彰悟 (川崎フロンターレ 23歳)
後半40分 7 柴崎岳 → 16 山口蛍 (セレッソ大阪 24歳)

フォーメーションは登録上は4-3-3だが実際は4-2-3-1。選手交代後もフォーメーションは変更なし。交代選手は同じポジションでプレー。キャプテンマークは長谷部が、長谷部交代後は吉田が巻いていた。谷口彰悟が代表デビュー。

スターティングメンバー11人の平均年齢は27.2歳で、交代メンバーを含めた17人の平均年齢は26.1歳。

ベンチメンバー:
12 西川周作 (浦和レッズ 28歳)
23 権田修一 (FC東京 26歳)
24 東口順昭 (ガンバ大阪 29歳)
21 酒井高徳 (VfBシュツットガルト/ドイツ 24歳)
3 太田宏介 (FC東京 27歳)
15 丹羽大輝 (ガンバ大阪 29歳)
6 森重真人 (FC東京 28歳)

監督: ヴァイッド・ハリルホジッチ(フランス/ボスニア・ヘルツェゴビナ 63歳)
通訳: 樋渡群(37歳)
コーチ: ジャッキー・ボヌベー(フランス 54歳)
コーチ: 手倉森誠(47歳 U-22代表監督兼任)
GKコーチ: リカルド・ロペス(スペイン 43歳)
GKコーチ: 浜野征哉(42歳 U-18代表兼任)
フィジカルコーチ: シリル・モワンヌ(フランス 43歳)
コンディショニングコーチ: 早川直樹(52歳 U-22代表兼任)

得点:
1-0 前半5分 本田圭佑
(ミドルサード日本陣内で長友がスローイン→ボールを受けた柴崎が長友に落とす→長友が前へ浮いたボール→相手CBがヘッドでクリア→長友が相手と競ってヘッドで落とす→柴崎がダイレクトで前線中央の本田へ浮き球のパス→本田がペナルティエリア内で左足シュート)

2-0 前半9分 槙野智章
(左からのCKを香川が右足でキック→ニアの酒井宏が空中で相手と競る→相手の頭にかすって抜けてきたボールをファーにいた槙野が左足で合わせてゴール)

3-0 前半32分 岡崎慎司
(右サイドのミドルサードで長谷部、柴崎、本田、香川、柴崎と細かいダイレクトパスを繋いで→柴崎からセンターサークルやや前の宇佐美へスルーパス→宇佐美がそのままペナルティアーク付近までドリブルして左の岡崎へパス→ペナルティエリア内に入った岡崎が左足でシュート→相手GKの手を弾いてゴール)

4-0 後半39分 原口元気
(槙野のクリア→左サイドのミドルサード相手陣内で大迫がポストプレー→大迫が相手選手に掴まれ別の相手選手がクリア→そのボールがセンターサークル付近の柴崎に→柴崎がアタッキングサード中央の永井へ浮き球のミドルパス→相手DFが頭に当てる→こぼれ球を拾った原口がそのままドリブルでペナルティエリアに入って右足でシュートで代表初ゴール)

ボール支配率: 日本代表53.4%、イラク代表46.6%

警告: なし
退場: なし

審判: ダニエル・ステファンスキ主審(ポーランド)、クジシュトフ・ミルムス副審(ポーランド)、ミハル・オブコヴィツ副審(ポーランド)、東城穣第4審判(日本)

天候: 曇り、気温22.6℃、湿度75%
場所: 日産スタジアム(神奈川)
試合開始: 2015年6月11日(木)の19時00分キックオフ(実際は19時3分頃)
キックオフチーム: 日本代表

放送: テレビ朝日系列で18時50分から生中継
解説は松木安太郎さん、中山雅史さん、実況は吉野真治アナ、スタジオ進行は久冨慶子アナ、スタジオ解説はセルジオ越後さん、ピッチリポートは加藤泰平アナ

視聴率: 15.8%(関東)


イラク代表(FIFAランキング86位)

GK
12 ジャラル・ハッサン・ハチム

DF
16 サマル・サイード・メジベル
14 サラム・シャキル(C)
2 レビン・ガリーブ・ソラカ
15 ドゥルガム・イスマエル

MF
21 サード・アブドゥルアミール
8 サイフ・サルマン・ハシム
9 アハメド・ヤシーン・ゲニ
7 ジャスティン・ヒクマト・アジーズ
11 フマム・タレク・ファラジ

FW
19 アムジェド・ラディ

交代(6人まで交代可)
後半0分 16 サマル・サイード・メジベル → 13 サメハ・サイード・メジベル
後半10分 7 ジャスティン・ヒクマト・アジーズ → 5 ヤセル・サファ・カシム
後半25分 8 サイフ・サルマン・ハシム → 23 フセイン・アリ・ワヒド
後半27分 19 アムジェド・ラディ → 18 マルワン・フセイン
後半43分 15 ドゥルガム・イスマエル → 3 アリ・バフジャト・ファディル

フォーメーションは4-2-3-1。

監督: アクラム・セルマン(イラク 69歳)

得点: なし

警告: アブドゥルアミール(前半37分)
退場: なし


次の日本代表の試合は、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)で行われるW杯ロシア大会アジア2次予選の初戦となるホームでのシンガポール代表戦です。この試合はテレビ朝日系列で19時から生中継されます。


イラク戦の招集メンバーはこちら


ハリルジャパン3戦3勝0分0敗。



共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。