So-net無料ブログ作成

シリア戦/ロシアW杯アジア2次予選 [W杯予選]

3月29日に埼玉スタジアム2002で行われたW杯ロシア大会アジア2次予選最終戦のサッカー日本代表対シリア代表戦は、香川真司、本田圭佑、原口元気の得点で5-0(前半1-0)で日本代表が勝利しました。


日本代表(FIFAランキング56位)

GK
12 西川周作 (浦和レッズ 29歳)

DF
21 酒井高徳 (ハンブルガーSV/ドイツ 25歳)
22 吉田麻也 (サウサンプトン/イングランド 27歳)
6 森重真人 (FC東京 28歳)
5 長友佑都 (インテル・ミラノ/イタリア 29歳)

MF
17 長谷部誠 (アイントラハト・フランクフルト/ドイツ 32歳)
16 山口蛍 (ハノーファー96/ドイツ 25歳)
4 本田圭佑 (ACミラン/イタリア 29歳)
10 香川真司 (ボルシア・ドルトムント/ドイツ 27歳)

FW
11 宇佐美貴史 (ガンバ大阪 23歳)
9 岡崎慎司 (レスター・シティー/イングランド 29歳)(C)

交代(3人まで交代可)
後半13分 16 山口蛍 → 8 原口元気 (ヘルタ・ベルリン/ドイツ 24歳)
後半33分 9 岡崎慎司 → 15 金崎夢生 (鹿島アントラーズ 27歳)
後半40分 11 宇佐美貴史 → 13 清武弘嗣 (ハノーファー96/ドイツ 26歳)

フォーメーションは登録上は4-4-2だが実際は4-2-3-1。中盤は長谷部と山口のダブルボランチ、トップ下に香川、右に本田、左に宇佐美、1トップに岡崎。キャプテンマークは代表100試合目の岡崎、岡崎交代後は長谷部。

選手交代後もフォーメーションはほぼ変更なし。原口は山口とほぼ同ポジションでプレー。金崎は岡崎と、清武は宇佐美と同ポジションでプレー。

スターティングメンバー11人の平均年齢は27.5歳、交代メンバーを含めた14人の平均年齢は27.1歳。

ベンチメンバー:
23 東口順昭 (ガンバ大阪 29歳)
1 川島永嗣 (ダンディー・ユナイテッド/スコットランド 33歳)
19 酒井宏樹 (ハノーファー96/ドイツ 25歳)
3 藤春廣輝 (ガンバ大阪 27歳)
20 槙野智章 (浦和レッズ 28歳)
2 昌子源 (鹿島アントラーズ 23歳)
7 柏木陽介 (浦和レッズ 28歳)
14 齋藤学 (横浜F・マリノス 25歳)
18 ハーフナー・マイク (ADOデン・ハーグ/オランダ 28歳)

監督: ヴァイッド・ハリルホジッチ
通訳: 樋渡群
コーチ: ジャッキー・ボヌベー
フィジカルコーチ: シリル・モワンヌ
コンディショニングコーチ: 早川直樹
GKコーチ: リカルド・ロペス
GKコーチ: 浜野征哉

得点:
1-0 前半17分 オウンゴール
(宇佐美CK→香川→相手GK→相手選手)

2-0 後半21分 香川真司
(長谷部→本田→香川)

3-0 後半41分 本田圭佑
(長友→香川→清武→香川→本田)

4-0 後半45分 香川真司
(原口→相手選手→香川→相手GK→香川)

5-0 後半45+3分 原口元気
(香川→清武→長友→原口)

ボール支配率: 日本代表60.9%、アフガニスタン代表39.1%

警告: 長友佑都(後半20分)
退場: なし

審判: アリレザ・ファガニ主審、レザ・ソハンダン副審、モハンマドレザ・マンスーリ副審、パヤム・ヘイダリ第4審判(4人全員イラン)

天候: 晴れ、気温15.0℃、湿度54%
場所: 埼玉スタジアム2002(埼玉)
試合開始: 2016年3月29日(火)の19時30分キックオフ(実際は19時34分頃)
キックオフチーム: シリア代表

放送: テレビ朝日系列で19時から生中継
解説は松木安太郎さん、中山雅史さん、ピッチ解説は中田浩二さん、実況は吉野真治アナ、ピッチリポートは進藤潤耶アナ、スタジオナビゲーターは川平慈英さん、スタジオ解説はセルジオ越後さん、中山雅史さん、進行は竹内由恵アナ。

平均視聴率: 17.1%(関東)
瞬間最高視聴率: 22.2%(関東)


シリア代表(FIFAランキング123位)

GK
22 イブラヒム・アルメ

DF
5 アハマド・カッラシ
12 オムロ・アルミダニ
4 ハムディ・アルマッスリ
13 ナディム・サバグ(C)

MF
6 モハメド・ザヒル・アルグナミ・アルメダニ
9 マハムード・アルマワス
17 ハレド・アルムバイド
11 オサマ・オマリ
3 ムアイアド・アルアジャン

FW
8 オマル・ハルビン

交代(3人まで交代可)
後半0分 5 アハマド・カッラシ → 14 サード・アハマド
後半15分 11 オサマ・オマリ → 10 アブドゥルラザク・アルフセイン
後半33分 17 ハレド・アルムバイド → 19 アハマド・アシュカル

フォーメーションは4-1-4-1。

監督: ファジル・イブラヒム

得点: なし

警告: ハレド・アルムバイド(後半10分)
退場: なし


次の日本代表の試合は、6月3日と7日に行われるキリンカップです。この試合はテレビ朝日系列で生中継されます。キリンカップ参加国は日本、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリアです。


シリア戦の招集メンバーはこちら


W杯アジア2次予選、勝点22無失点で1位通過。アジア最終予選進出。

ハリルジャパン15戦10勝4分1敗。



共通テーマ:スポーツ

小林が負傷離脱で齋藤を追加招集 [負傷者情報]

3月29日に行われるW杯アジア2次予選最終戦のシリア代表戦に臨むサッカー日本代表のメンバーが26日に変更されました。

川崎フロンターレの小林悠選手(28歳)が24日のアフガニスタン戦で負傷したため離脱し、代わりに横浜F・マリノスの齋藤学選手(25歳)が追加招集されました。


小林選手は途中出場したアフガニスタン戦で、ファウルを受けて右足を打撲していました。


こちらの記事も修正しておきました。



共通テーマ:スポーツ

アフガニスタン戦/ロシアW杯アジア2次予選 [W杯予選]

3月24日に埼玉スタジアム2002で行われたW杯ロシア大会アジア2次予選第7戦のサッカー日本代表対アフガニスタン代表戦は、岡崎慎司、清武弘嗣、吉田麻也、金崎夢生の得点で5-0(前半1-0)で日本代表が勝利しました。また、最終戦を前に各グループ2位の上位4位以内が確定し、最終予選進出が決定しました。


日本代表(FIFAランキング56位)

GK
23 東口順昭 (ガンバ大阪 29歳)

DF
19 酒井宏樹 (ハノーファー96/ドイツ 25歳)
22 吉田麻也 (サウサンプトン/イングランド 27歳)
6 森重真人 (FC東京 28歳)
5 長友佑都 (インテル・ミラノ/イタリア 29歳)

MF
17 長谷部誠 (アイントラハト・フランクフルト/ドイツ 32歳)(C)
7 柏木陽介 (浦和レッズ 28歳)
13 清武弘嗣 (ハノーファー96/ドイツ 26歳)

FW
8 原口元気 (ヘルタ・ベルリン/ドイツ 24歳)
15 金崎夢生 (鹿島アントラーズ 27歳)
9 岡崎慎司 (レスター・シティー/イングランド 29歳)

交代(3人まで交代可)
後半19分 7 柏木陽介 → 10 香川真司 (ボルシア・ドルトムント/ドイツ 27歳)
後半27分 9 岡崎慎司 → 18 ハーフナー・マイク (ADOデン・ハーグ/オランダ 28歳)
後半34分 15 金崎夢生 → 14 小林悠 (川崎フロンターレ 28歳)

フォーメーションは登録上は4-3-3だが実際は4-4-2。中盤はダイヤモンド型で長谷部が1ボランチ、右に原口、左に柏木、トップ下に清武。2トップに金崎と岡崎。中盤がダイヤモンド型の4-4-2はハリルホジッチ体制では初。キャプテンマークは長谷部。

柏木交代後は香川がトップ下、清武が左サイドハーフ。ハーフナーは岡崎と、小林は金崎と同ポジションでプレー。

スターティングメンバー11人の平均年齢、交代メンバーを含めた14人の平均年齢ともに27.6歳。

ベンチメンバー:
12 西川周作 (浦和レッズ 29歳)
1 林彰洋 (サガン鳥栖 28歳)
21 酒井高徳 (ハンブルガーSV/ドイツ 25歳)
3 藤春廣輝 (ガンバ大阪 27歳)
20 槙野智章 (浦和レッズ 28歳)
2 昌子源 (鹿島アントラーズ 23歳)
16 山口蛍 (ハノーファー96/ドイツ 25歳)
4 本田圭佑 (ACミラン/イタリア 29歳)
11 宇佐美貴史 (ガンバ大阪 23歳)

監督: ヴァイッド・ハリルホジッチ
通訳: 樋渡群
コーチ: ジャッキー・ボヌベー
フィジカルコーチ: シリル・モワンヌ
コンディショニングコーチ: 早川直樹
GKコーチ: リカルド・ロペス
GKコーチ: 浜野征哉

得点:
1-0 前半43分 岡崎慎司
(吉田→柏木→酒井宏→長谷部→清武→岡崎)

2-0 後半13分 清武弘嗣
(吉田→長谷部→金崎→清武)

3-0 後半18分 オウンゴール
(原口→酒井宏→相手選手)

4-0 後半29分 吉田麻也
(清武CK→吉田)

5-0 後半33分 金崎夢生
(清武→ハーフナー→金崎)

ボール支配率: 日本代表70.9%、アフガニスタン代表29.1%
シュート数: 日本代表27本、アフガニスタン代表1本

警告: なし
退場: なし

審判: モハナド・サッライ主審(イラク)、アワイエド・アルムリ副審(サウジアラビア)、ハラフ・アルシャムマリ副審(サウジアラビア)、ザイド・タメル・モハンメド第4審判(イラク)

天候: 晴れ、気温8.6℃、湿度58%
場所: 埼玉スタジアム2002(埼玉)
試合開始: 2016年3月24日(木)の19時30分キックオフ(実際は19時34分頃)
キックオフチーム: アフガニスタン代表

放送: TBS系列で19時から生中継
解説は福田正博さん、中田浩二さん、実況は土井敏之アナ、ピッチリポーターは新タ悦男アナ

平均視聴率: 12.9%(関東)


アフガニスタン代表(FIFAランキング151位)

GK
1 オバイス・アジジ

DF
20 ムスタファ・ハディド
13 サイド・モハンマド・ハシェミ
5 マシフ・サイガニ
3 ハッサン・アミン

MF
14 モジエブ・ジャマリ
21 カニシュカ・タヘル
16 シャリフ・モハンマド
7 ズバイル・アミリ

FW
10 ファイサル・シャイエステー(C)
8 モハメド・ジョセフ・シルデル

交代(3人まで交代可)
前半30分 20 ムスタファ・ハディド → 17 ムスタファ・ザザイ
後半19分 8 モハメド・ジョセフ・シルデル → 11 ノラオラー・アミリ
後半30分 21 カニシュカ・タヘル → 18 アハマド・アラシュ・ハティフィ

フォーメーションは4-4-2。

監督: ペタル・セグルト

得点: なし

警告: なし
退場: なし


次の日本代表の試合は、3月29日(火)に同じ埼玉スタジアム2002で行われるW杯アジア2次予選最終戦のシリア代表戦です。この試合はテレビ朝日系列で19時から生中継されます。


アフガニスタン戦の招集メンバーはこちら


W杯アジア2次予選、勝点19で現在1位。アジア最終予選進出決定。

ハリルジャパン14戦9勝4分1敗。



共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。