So-net無料ブログ作成
検索選択

W杯アジア最終予選の組み合わせが決定 [W杯予選]

ロシアW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会が12日にマレーシアのクアラルンプールで行われ、日本はオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと同じグループBに入りました。

オーストラリア、イラクとは前回のブラジルW杯のアジア最終予選に続いて同組で対戦することになります。もう一方のグループAにはイラン、韓国、ウズベキスタン、中国、カタール、シリアが入りました。

最終予選は12か国を2つのグループに分け、各グループ6か国がホーム&アウェーで対戦します。まず、各グループの上位1位と2位の4か国がW杯本大会の出場を決めます。さらに、各グループの3位同士はアジア地区プレーオフをホーム&アウェーで行い、その勝者が北中米カリブ海予選の4位との大陸間プレーオフへ進みホーム&アウェーで戦い、その勝者がW杯本大会の出場を決めます。

最終予選は今年2016年の9月1日から来年2017年の9月5日まで約1年間かけて行われます。



共通テーマ:スポーツ