So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ
前の3件 | -

GKコーチにルグシッチ氏が就任 [その他]

7月末で契約が満了するリカルド・ロペスGKコーチに代わり、新たにボスニア・ヘルツェゴビナ出身の55歳のエンヴェル・ルグシッチ氏をGKコーチとして招聘することが決まりました。

ルグシッチ氏は2015年からボスニア・ヘルツェゴビナ代表のGKコーチを務め、今年6月のキリンカップでも来日していました。

契約は8月1日からの予定で、7月中に来日して正式な契約となるようです。



共通テーマ:スポーツ

中国戦/東アジアカップ2015 [その他]

8月9日に中国の武漢スポーツセンターで行われたEAFF東アジアカップ2015の最終戦のサッカー日本代表対中国代表戦は、1-1(前半1-1)で引き分けました。


日本代表(FIFAランキング56位)

GK
1 東口順昭 (ガンバ大阪 29歳)

DF
15 丹羽大輝 (ガンバ大阪 29歳)
6 森重真人 (FC東京 28歳)(C)
5 槙野智章 (浦和レッズ 28歳)
22 米倉恒貴 (カンバ大阪 27歳)
21 遠藤航 (湘南ベルマーレ 22歳)

MF
16 山口蛍 (セレッソ大阪 24歳)
18 武藤雄樹 (浦和レッズ 26歳)

FW
9 永井謙佑 (名古屋グランパス 26歳)
11 宇佐美貴史 (ガンバ大阪 23歳)
20 川又堅碁 (名古屋グランパス 25歳)

交代(3人まで交代可)
後半16分 20 川又堅碁 → 10 興梠慎三 (浦和レッズ 29歳)
後半29分 18 武藤雄樹 → 7 柴崎岳 (鹿島アントラーズ 23歳)
後半38分 9 永井謙佑 → 19 浅野拓磨 (サンフレッチェ広島 20歳)

フォーメーションは登録上は5-2-3だが実際は4-2-3-1。最終ラインは右から丹羽、森重、槙野、米倉。中盤は遠藤と山口がボランチ、武藤がトップ下。

交代選手は同じポジションでプレー。キャプテンマークは森重が巻いていた。東口順昭と丹羽大輝と米倉恒貴のガンバ大阪の3人が代表デビュー。

スターティングメンバー11人の平均年齢は26.1歳で、交代メンバーを含めた14人の平均年齢は25.6歳。

監督: ヴァイッド・ハリルホジッチ(フランス/ボスニア・ヘルツェゴビナ 63歳)
通訳: 樋渡群(37歳)
コーチ: ジャッキー・ボヌベー(フランス 54歳)
コーチ: 手倉森誠(47歳 U-22代表監督兼任)
GKコーチ: リカルド・ロペス(スペイン 43歳)
GKコーチ: 浜野征哉(42歳 U-18代表兼任)
フィジカルコーチ: シリル・モワンヌ(フランス 43歳)
コンディショニングコーチ: 早川直樹(52歳 U-22代表兼任)

得点:
1-1 前半41分 武藤雄樹
(最終ラインでパス回し→森重からパスを受けたハーフウェイラインの槙野がドリブル→左サイドを上がっていった米倉に槙野が縦パス→そのままダイレクトで米倉がグラウンダーのクロス→ゴールエリア付近まで走り込んできた武藤が飛び込みながら右足でシュート)

警告: 宇佐美貴史(後半23分)、槙野智章(後半32分)
退場: なし

審判: ファハド・アル・ミルダシ主審(サウジアラビア)、ネイザン・マクドナルド副審(オーストラリア)、アブドゥラー・アルシャルワイ副審(サウジアラビア)、ムハマド・ビン・ジャハリ第4審判(シンガポール)

天候: 雨、気温27.0℃、湿度70%
場所: 武漢スポーツセンター(中国)
試合開始: 2015年8月9日(日)の21時10分キックオフ(実際も21時10分頃)
キックオフチーム: 日本代表

放送: フジテレビ系列で21時から生中継
解説は山口素弘さん、実況は西岡孝洋アナ、MCはジョン・カビラさん、永島優美アナ、ピッチ解説は永島昭浩さん、ピッチリポートは渡辺和洋アナ

視聴率: 14.0%(関東地区)


中国代表(FIFAランキング79位)

GK
23 王大雷

DF
14 吉翔
2 任航
6 馮瀟霆
17 饒偉輝

MF
8 蔡慧康
15 吳曦
13 劉建業

FW
7 武磊
22 于大宝
18 郜林(C)

交代(3人まで交代可)
後半18分 22 于大宝 → 9 楊旭
後半24分 15 吳曦 → 10 鄭智
後半35分 18 郜林 → 20 張池明

フォーメーションは4-3-3。

監督: アラン・ペラン(フランス 58歳)

得点: 武磊(前半10分)

警告: 郜林(前半43分)、劉建業(後半40分)
退場: なし


中国戦の招集メンバーはこちら


韓国対北朝鮮は0-0で引き分けています。
東アジアカップ全試合を終えて、日本は勝点2、得点3、失点4、得失差-1で最下位でした。


ハリルジャパン7戦3勝3分1敗。



共通テーマ:スポーツ

韓国戦/東アジアカップ2015 [その他]

8月5日に中国の武漢スポーツセンターで行われたEAFF東アジアカップ2015の第2戦のサッカー日本代表対韓国代表戦は、1-1(前半1-1)で引き分けました。山口蛍選手が代表初ゴールを決めています。


日本代表(FIFAランキング50位)

GK
12 西川周作 (浦和レッズ 29歳)

DF
21 遠藤航 (湘南ベルマーレ 22歳)
6 森重真人 (FC東京 28歳)(C)
5 槙野智章 (浦和レッズ 28歳)
3 太田宏介 (FC東京 28歳)

MF
8 藤田直之 (サガン鳥栖 28歳)
7 柴崎岳 (鹿島アントラーズ 23歳)
16 山口蛍 (セレッソ大阪 24歳)

FW
9 永井謙佑 (名古屋グランパス 26歳)
10 興梠慎三 (浦和レッズ 29歳)
13 倉田秋 (ガンバ大阪 26歳)

交代(3人まで交代可)
後半25分 9 永井謙佑 → 19 浅野拓磨 (サンフレッチェ広島 20歳)
後半34分 10 興梠慎三 → 11 宇佐美貴史 (ガンバ大阪 23歳)
後半42分 13 倉田秋 → 20 川又堅碁 (名古屋グランパス 25歳)

フォーメーションは基本は4-3-3、守備時は4-1-4-1。中盤は藤田がアンカー、柴崎と山口がインサイドハーフ。

興梠交代後は前線は倉田が右へ、浅野が中央へ変わり、宇佐美が左に。倉田交代後は浅野が右に戻り、川又が中央に。キャプテンマークは森重が巻いていた。藤田直之と倉田秋が代表デビュー。

スターティングメンバー11人の平均年齢は26.5歳で、交代メンバーを含めた14人の平均年齢は25.6歳。

監督: ヴァイッド・ハリルホジッチ(フランス/ボスニア・ヘルツェゴビナ 63歳)
通訳: 樋渡群(37歳)
コーチ: ジャッキー・ボヌベー(フランス 54歳)
コーチ: 手倉森誠(47歳 U-22代表監督兼任)
GKコーチ: リカルド・ロペス(スペイン 43歳)
GKコーチ: 浜野征哉(42歳 U-18代表兼任)
フィジカルコーチ: シリル・モワンヌ(フランス 43歳)
コンディショニングコーチ: 早川直樹(52歳 U-22代表兼任)

得点:
1-1 前半39分 山口蛍
(ミドルサード右のFKを柴崎が中央の槙野へ横パス→槙野がロングシュート→相手に当たり跳ね返る→そのボールを直接槙野が浮き球でペナルティエリア付近左の森重に縦パス→森重が倉田に落とす→倉田が中央の山口に横パス→山口が右足ミドルシュートで代表初ゴール)

警告: 槙野智章(後半43分)、森重真人(後半45分)
退場: なし

審判: ムハマド・ビン・ジャハリ主審(シンガポール)、ジェフリー・ゴーゲクペン副審(シンガポール)、許閔毓副審(台湾)、ファハド・アル・ミルダシ第4審判(サウジアラビア)

天候: 晴れ、気温34.1℃、湿度49%
場所: 武漢スポーツセンター(中国)
試合開始: 2015年8月5日(水)の19時20分キックオフ(実際も19時20分頃)
キックオフチーム: 日本代表

放送: フジテレビ系列で19時から生中継
解説は山口素弘さん、実況は西岡孝洋アナ、スタジオMCはジョン・カビラさん、永島優美アナ、スタジオゲストは清水秀彦さん、宮本恒靖さん、ピッチリポートは渡辺和洋アナ

視聴率: 10.7%(関東地区)


韓国代表(FIFAランキング52位)

GK
1 キム・スンギュ

DF
2 チョン・ドンホ
5 キム・ギヒ
19 キム・ヨングォン(C)
13 イ・ジュヨン

MF
6 チョン・ウヨン
20 チャン・ヒョンス
11 イ・ヨンジェ
8 チュ・セジョン
7 キム・ミヌ

FW
9 キム・シヌク

交代(3人まで交代可)
後半19分 8 チュ・セジョン → 17 イ・ジェソン
後半19分 13 イ・ジュヨン → 3 ホン・チョル
後半35分 20 チャン・ヒョンス → 22 クォン・チャンフン

フォーメーションは4-2-3-1。

監督: ウリ・シュティーリケ(ドイツ 60歳)

得点: チャン・ヒョンス(前半27分 PK)

警告: チュ・セジョン(前半35分)、チョン・ドンホ(後半3分)
退場: なし


次の日本代表の試合は、9日(日)に行われるEAFF東アジアカップ2015の最終戦となる中国代表戦です。この試合はフジテレビ系列で21時から生中継されます。


韓国戦の招集メンバーはこちら


中国対北朝鮮は2-0で中国が勝利しています。
東アジアカップ各チーム2戦を終えて、日本は勝点1、得点2、失点3、得失差-1で現在最下位です。


ハリルジャパン6戦3勝2分1敗。



共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。